.footer-action-wrapper{display:none;} /*↑はてなブログを始めようの非表示*/ .touch-item-list{display:none;} /*↑はてなブログ開発ブログ等のリンクの非表示*/

本とわたしの時間

まとめ・考察ログ

生活

相手がどんな人かすぐ分かる!?使える行動心理学2

人が無意識にしている行動は心理学で説明できるものです。相手を知りたければ無意識にしている行動に目を向けること、そしてこの行動心理学を活用すれば自分の行動をも改めるきっかけになるものです。相手の性格がわかってしまう行動心理学を紹介します。

人の本心を見抜ける!?使える行動心理学 1

実は、人の行動には全て理由があります。そして心を見ることはできませんが、動作や仕草、表情から本心を探ることもできます。今回はそんな日常における小さなヒントを紹介します。行動から心を読むことで人間関係を有利に進めましょう。

行動心理学レッスン 〜使える恋愛テクニック〜

他人の心が読めればと思う時ってありますよね?例外もありますが、大抵のことは「行動心理学」で読み解けてしまうものです。人間関係を円滑に進められる知っておいて損はない行動心理学の一部を今回は紹介します。

世界のトップ1%に育てる親の習慣 後編

子供は親の一挙手一動に注目しているものです。あなたは子供の見本になれていますか?子供にガミガミ指摘をする前にあなた自身の行動を正してみてください。双方にメリットがもたらされること間違いなしなのです。子供の将来に親の存在は直結しています。今…

世界のトップ1%に育てる親の習慣 前編

学校や塾に教育を外注してテストで良い点を取るような教育は将来の子供達の人生を幸せなものに出来るのでしょうか?これからのグローバル化した社会で生きていくためには 凝り固まった過去の教育に囚われていてはいけません。「自分はできる」といった自己肯…

自分を操るメンタル強化法

どんな分野であれメンタルが強い、弱いはパフォーマンスに影響するものです。多少の実力差はメンタル次第で逆転してしまうこともあります。目標を達成するためにメンタルを強くしたいと思うのは当然です。人がつまづきやすいポイントを今回は紹介し、そのた…

好きなことだけで生きていく

人生は自由です。やろうと思えばなんでもでき、何処へでも行けるのです。自分の心に正直に、自分で選ぶことそれが何よりも大切なのです。 好きなことをして生きていくために知っておきたいコトを紹介します。

気持ちの整理ができる人できない人 後編

どうしようもないものは放っておき、整理できる不安や悩みや悲しみ達と上手く付き合っていくことで私たちは前を向いて歩いて行けることでしょう。気楽に自分らしく生きていくための方法を紹介します。

気持ちの整理ができる人できない人 前編

「悩む」と「考える」は違う言葉だと知っていますか?一つの事が気になり悩み続けると他の事が考えられなくなりどんどん悪循環になってしまうもの。どうすればいいのか現状をよりよくしようと考えることに力を注ぐべきなのです。「気持ちの整理」を上手くす…

20代で身につけたい論理的な考え方

論理的な考え方や論理思考と聞くとなんだか難しい気がします。しかし、言い換えれば「誰にでも納得できる形で筋道を立てて考えること」なのです。今回はそんな論理的考え方を身につける方法を色々なタイプ別で紹介していきます。

折れない心の作り方 後編

前編より 折れない心の作り方 呼吸を制し、人生を制す 心の静寂を習慣にする 基本を何度でも繰り返す ネガティブな思い込みは「もし〇〇だったら」と置き換える 客観的情報を前提にする 「儀式」を行う 自分も他人も裁かない 他人から与えられた限界を、自分…

折れない心のつくり方  前編

折れない心と強い心というのは違います。どちらかといえばしなやかに「しなる」ことができ、どんな圧力や負荷がかかっても変化に柔軟に対応しながら自分自身に戻ることができる「竹のような心」を目指すべきなのです。体だけでなく心を壊さない為にも折れな…

粋な生き方

「粋」という言葉の意味は垢抜けていて張りがあって色っぽい様子だそうです。外国にはない日本独特の感覚である「粋」。病気でも健康でも、お金があろうとなかろうと自分自身の生命エネルギーを大いに高め、「粋な生き方」をしましょう。

「大人になりきれない人」の心理   

心の成長が足りないまま社会に出た「5歳児の大人」がいます。 それはしたくないことを心理的にも物理的にも力づくでさせられていた我慢してきた人たちです。生きるのが辛く、他人に厳しい5歳児の大人。そんな大人たちが自分の人生の目的を掴み、生きやすく…

女性の品格

昔の女性らしさと今の女性らしさというのは違うものです。女性の生き方や役割が変わっているのでそれは当たり前。今回は昔ながらの女性らしさを今一度見直してみることで人間としての基礎力をつけさらなる信頼を勝ち取る方法を紹介します。

捨てる贅沢 前編

私たち大人にとって不要なもの、それは常識という名のしがらみです。それがある限り、新しいことに挑戦することも自分らしく生きることも難しいものになってしまいます。人生に豊かさを取り返すため前編では働き方、お金について何を捨てる必要があるか紹介…

わたしの主人公はわたし

はじめに わたしの主人公はわたし〜他人の声に振りまわされない生き方〜 心身と向き合う 人生七転び八起き 身体の声を無視しない 自信がなくて当たり前 他人と向き合う 人は人、自分は自分 伝えることを怖がらない 自分が変わればまわりも変わる 自分と向き…

明日に疲れを持ち越さないプロフェッショナルの仕事術

プロフェッショナルとはどういう人のことでしょうか?解は、体調や気分に左右されることなく常に最高の自分を出し続けられる人のことです。しかし私達は人間ですから完璧というわけにはいきません。そこで今回は疲れにくい体を作る方法と休息の仕方を紹介し…

死ぬまで男は自分を認めるな 女は幸福を諦めるな 女性編2

女性は幸福を諦めてはいけません。むしろ貪欲に幸せを追求していくべきなのです。本質を理解した上で、女性が幸せに生きていくための方法を紹介します。

死ぬまで男は自分を認めるな 女は幸福を諦めるな 女性編1

女性とはそもそも神経系の機能が繊細なため、同時に様々なことを感じ、沢山のことを考えています。そのため心配になりすぎたりストレスを受けやすかったりするものです。もしあなたが幸せになりたいなら女性らしく本質に沿って生きることです。その本質とい…

死ぬまで男は自分を認めるな 女は幸福を諦めるな 男性編

男性には男性らしい幸福のあり方があり、女性には女性らしい幸福のつくり方があるものです。それを知らず本分と違うことを続けたり、間違った方向で頑張りすぎてしまうとどんどん幸福から外れてしまいます。各々を知ることで自分や大切な人の幸福を大きくし…

「限りなく少なく」豊かに生きる

はじめに 「限りなく少なく」豊かに生きる 有限な時間への考え方 アポはまず自分自身にとる 今やるべきことに集中し、エネルギーの消耗を防ぐ 怠惰も大事、何もしない時間を作る 持ち物を減らすとメンタルが強くなる 感性を磨くと控えめな美が見えてくる 買…

がんばりすきない休み方

毎日忙しくていつもやらなければいけないことに追われている。いつもなんとなく疲れている。そんな心のざわざわやもやもやはありませんか?たまには自分の心と体を休ませてあげましょう。マインドフルネスという瞑想法より簡単に出来るものを紹介していきま…

夢は9割叶わない。

「信じれば夢は叶う」というありきたりな言葉があります。この言葉に違和感を感じませんか?じゃあ何故夢を叶えられなかったと思う人が9割もいるのでしょう?答えは夢が夢でしかなかったからです。今回は夢を目標とし、その目標を達成するための考え方や行…

【解説&感想】おカネの教室

はじめに おカネの教室 あらすじ 少し解説 お金を手に入れる6つの方法 お金をかりるには 感想 おわりに はじめに あなたはお金の仕組みを知っていますか? ただ生きているだけでは ものを買うためのお金以外 全く知らないはずです。 お金のことを知らずに生…

話の面白い人、つまらない人

はじめに 話の面白い人、つまらない人 話の面白い人=笑いが取れる人ではない 話の面白い人 自分のイメージを自分で作る 得意分野を味方に 気配り、目配り 笑顔と愛嬌は人を惹きつける おわりに はじめに 人間関係に必要なコミュニケーションの第一歩こそ喋…

【名言】がばいばあちゃんの勇気がわく言葉

いっとき流行ったがばいばあちゃん。貧乏ながらにたくましくとんちを聴かせ楽しく生きている姿に現代の若者が夢中になったものです。そんながばいばあちゃんの名言を今回は少し紹介します。生きる知恵や考え方は見習うところだらけです。きっとあなたも励ま…

超効率勉強法

あなたは勉強する時、何かを覚える時、どういった方法で学習していますか?昔から変わらず勉強の仕方は固定化されたものと思います。しかし、果たしてその学び方は効率がいいのでしょうか?

なぜ本屋さんでトイレに行きたくなるのか

人間の体とは不思議なもので。自分の意思とは反対に体が動いてしまったという経験をしたことはありませんか?よく聞くものの一つに不登校児が学校に行こうとするとお腹が痛くなるというものがあります。いやいや意思が弱いだけでしょ?と侮るなかれ。面白い…

頂きはどこにある?

人生とは山あり谷ありですよね。良いことがあれば悪いことがある。そんなものです。しかし考え方次第では見方が変わることがあります。今回はそういった現実を味方につける方法を探してみましょう。