.footer-action-wrapper{display:none;} /*↑はてなブログを始めようの非表示*/ .touch-item-list{display:none;} /*↑はてなブログ開発ブログ等のリンクの非表示*/

本とわたしの時間

まとめ・考察ログ

大切にされる女になるには 前編

 

はじめに

キャリアウーマンという言葉の元、

自立していて、美しく、賢く、真面目に生きている女性が多い昨今。

 

 

順風満帆じゃないかと思われる一方、

 

 

恋愛のこととなると

いい人にめぐりあえない、上手くいかない、結婚できないと嘆く人も多いのです。

 

 

好きな人に愛され続け、大切にされる人にはどんな共通点があるのでしょうか?

 

 

今回は男性作者が書いた『大切にされる女39のルール』という本を参考に

2回に分けて紹介していこうと思います。

 

 

 

大切にされる女39のルール

インナービューティーをめざす

内面が魅力的な女性というのは同性異性問わず

人を惹きつけます。

 

 

隠していても滲み出る内面の美しさである

 

知性、理性、品性、感性、機知、優しさ、羞恥心

を身につけましょう。

 

 

  • 自信をつける

余裕を持つ

やらなくてはいけないことが多すぎて

やりたいことができないでいると、

あなたの輝きは失われる一方です。

 

 

無理をしてでも時間を作ることです。

 

 

運動したり、旅行に行ったり、大好きな本を読んだり

自分なりのリフレッシュ法を見つけましょう。

 

 

それがあなたの余裕、ゆとりになるのです。

 

 

不安な気持ちで成長する

もしなにか新しく踏み出そうと思うと

沢山の困難に気づき、人はすぐに立ち止まってしまうものです。

 

 

そこで諦めてしまえば何も生まれません。

 

 

立ち止まった時には一つ一つ不安な気持ちを箇条書きに書き出してみることです。

 

そして一つ一つを行うことで何を得られるのか明確にさせれば

不安や悩みが希望になりかわるものです。

 

 

不安な気持ちに背を向けるではなく

チャンスだと立ち向かうようにしましょう。

 

 

高い目標をもつ

他の誰かより自分の方が上手くできると自信をもてるものはありますか?

 

努力を重ねた長い道のりの果てに

高い目標をクリアした時、存在感やオーラが出てきます。

 

もし今自信が持てるものがなかったとしても

努力しないと辿り着けない目標を今から掲げ頑張ってみるべきです。

 

 

私には無理だと諦めているようでは

大切にされたいと願う資格はありません。

 

 

純粋で前向きに

純粋で前向きな女性は可愛くて応援したくなるものです。

 

例えば見た目から入ってもいいでしょう。

 

着たい、オシャレだと言う理由だけでなく、

自分がどう見られたいかで服を選んでみるのです。

 

自分の信用が高くなり好感が上がる服を着れば

おのずと他人からの第一印象はかわるもの。

 

純粋で前向きな姿勢から、未来を照らす輝きを感じるものです。

 

 

  • 居場所を作る 

大切にされる最低限

どんな美人であってもどれだけ着飾ろうとも

社会性をきちっと身に付けていない人は論外です。

 

人としての最低限である

ルール、マナー、モラルを基盤に保てていますか?

 

 

基盤の脆いビルは少しの揺れで跡形も無くなります。

 

 

もう一度自分の基盤はちゃんとしているか

見つめ直すことが必要です。

 

 

お金より大切なもの

貯金貯金と皆がやっきになっている中、

人が若い時に貯めなくてはならないものというのは他にあります。

 

 

知識、経験、センスや思いやり、人間関係や信頼などです。

 

いくらお金を貯めようがこれらを貯めた人には勝てないはずです。

 

さらに今は低金利ですしね、

貯金より経験や知識は将来的に大きなリターンをもたらしてくれます。

 

 

お金を貯めるか人間的魅力を貯めるかです。

 

 

 

あなたの心の糸は誰と繋がっている?

SNSで気軽に他人と繋がることが出来るこの時代で

淋しさを感じるのはなぜでしょう?

 

たとえ会わなくても相手を知れるので

人と会う手間をめんどくさく感じるようになってしまったからです。

 

 

しかし、人は群れをなす生き物です。

仲間と触れ合うことで安心感を覚えます。

幸福感を得るためには実際に触れ合うしか方法はありません。

 

 

結局、人と人を繋げるのはネット回線ではなく心の糸なのです。 

 

 

 

 

 

……

 

後編に続きます。

 

an-books.hatenablog.com