.footer-action-wrapper{display:none;} /*↑はてなブログを始めようの非表示*/ .touch-item-list{display:none;} /*↑はてなブログ開発ブログ等のリンクの非表示*/

本とわたしの時間

まとめ・考察ログ

日本文学

吾輩は猫である

誰しもが知っているであろう夏目漱石の名作です。今回はその名作を読み明かしたいと思います。

蜘蛛の糸

人間とは強欲で利己主義な生き物です。生まれた時には否が応でもそれらを手にしています。成長とともに謙虚を覚え、他人を知り人間になっていくものです。しかし、中には自分を全く変えず生涯強欲を貫き通す人が出てくるものです。

人間失格

有名な日本文学とは数多くあるもので。 中でも有名なものの一つに『人間失格』があげられると思います。誰しもが一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか?タイトルから分かるように決して明るい作品ではありません。ではなぜ未だに人の心を掴んで離…