.footer-action-wrapper{display:none;} /*↑はてなブログを始めようの非表示*/ .touch-item-list{display:none;} /*↑はてなブログ開発ブログ等のリンクの非表示*/

本とわたしの時間

まとめ・考察ログ

絵本

命と親子について考えてみる

こうしておけばよかったのになって思うことなんて数え切れないくらいあるものです 後悔ばかりの人生を送るくらいなら満足のいく人生を送ったと胸をはれる方法を模索すべきなのです。

すてきな三にんぐみ

黒いマントに黒いぼうしの、こわーい泥棒三人組。色んな視点から彼らの秘密に迫ります。

おしいれのぼうけん

名作絵本『おしいれのぼうけん』から教育について考えます。罰を与える教育は果たして必要なのでしょうか?

寿限無

子どもというものは耳がとてもいいですよね。親の口癖なんかすぐうつっちゃったり、意味の分からない長い文章だって音ですぐに覚えちゃう。2才にもなれば漢詩や論語だって丸暗記できちゃうものです。老若男女世代を問わず大人気な落語を紹介します。

ちいさいおうち

今あなたが住んでいるところは田舎でしょうか?都会でしょうか?田舎には広大な自然や美味しい空気があり、都会には交通の便利さや刺激が沢山あります。しかし、メリットもあればデメリットも必ずあるものです。自分にとっての居場所とはどこでしょうか?

りゆうがあります

大人からみると子どもは自由で無邪気です。直感の赴くまま好き放題生きているように見えます。しかし、実は全ての行動に理由があったとしたら…?頭ごなしに大人の理論を押し付けずに寛大な心を持って子どもなりの理由を想像してみるのも面白いかもしれません…

まんじゅうこわい

昔から語り継がれる物語や話というのはいつの時代も人間の性質を滑稽に捉えているものです。今回はその中でも古典落語で有名な『まんじゅうこわい』についてみていきたいと思います。