本とわたしの時間

まとめ・考察ログ
MENU

漫画

愛する技術

昔から愛されることばかり望むと恋愛は上手くいかないと言われたものです。愛されるよりも愛することを大切にしていれば恋愛だけじゃなく、人間関係全てが上手くいくものです。友達が少ない、将来が不安でイライラするなど何か心に悩みを感じたら人を愛する…

ダルちゃん

自分とは違う人間を演じて生きていませんか?人間同じ人なんていないのに、「普通」であることを望まれて生きなければならないこの社会。ありのままで、そのままの自分でいいはずなのに擬態して苦しみ、生きづらさを感じているすべての人に読んでほしい一冊…

ブとタのあいだ 後編

実は私たちの心は自分自身を騙してしまっています。自分の理想や幻想に囚われるのではなく、自分はこうなんだろうか?真実はどれだろうか?と自分に疑問を持つ知恵が手に入れば自分自身を救うことができるでしょう。そのまんまに気づき、そのまんまを受け入…

ブとタのあいだ 前編

世の中には正反対のものが両立しています。片方がなければもう片方の存在もないものです。片方しかないない世界も存在しません。境目はどこにあるか分からなければどっちがどっちだと決めることも難しいものです。心を安らかにするためにも「間」に目を向け…

トーキョー無職日記

夢を持ち、田舎から上京する人は少子化と言われる昨今でも多くいます。実は私もその一人。東京に来れば何とかなると思っていたものです。才能や熱意だけではどうにもならない現実を突きつけられた人ももがき苦しんだ20代はきっと人生の中でなくてはならな…

ブタのみどころ

幸福と不幸は別々のものと思いがちですが実は同じものです。不幸になりたくないからと避けてばかりいると幸福もなくなってしまいます。私たちが正しいと思っていることは本当に正しいのか、人間である自分自身を知るための基礎を今回は紹介します。

ブタのふところ 後編

欲があるのはあたりまえ、苦しくも悲しくもなるのはあたりまえ、悩み事があるのもあたりまえ、うまくいかないことがあるのもあたりまえ、生きるということはそういうこと。 そんなあたりまえをあたりまえと受け入れるために知っておきたい事を紹介します。

ブタのふところ 前編

今あなたが抱えている『あたりまえ』は、実は『あたりまえ』じゃないかもしれません。あたりまえのことをあたりまえと思えない心の癖のせいで悩みが絡まってしまっているかもしれません。ものの見方や悩みをほぐす方法を今回は紹介します。

ブタのいどころ 後編

物事はあまり難しく考えないで力を抜いて生きるくらいがちょうどいいのです。情報にあふれ、他人の生活が手にとるように分かってしまい、否が応でも比較せざるを得なくなってしまっている現代。気楽に生きることが難しい今だからこそ、自分自身を大切に生き…

ブタのいどころ 前編

何を目標に生きたらいいのか、何が正しいのか正しくないのか、自分にとっての幸せが分からず悩んだことは誰しもあるのではないでしょうか?それらが今手にないのは世間のせいでも他人のせいでもありません。自分の人生に対する見方にあるのです。今回はそん…

なぁんでもないよ 後編

自分の幸せや喜びがわからない、今まで努力してきたのに見つからない。そんな時は探すことをやめてみましょう。努力をしているから見つからないことだったあります。何もしないで自分自身に従ってみると意外とすぐそこに幸せや喜びが潜んでいることに気づく…

なぁんでもないよ 前編

見逃してしまいそうな人生の理を4コマ漫画で紹介している分かりやすい作品『ブッタとシッタカブッタ』。凝り固まった考えをほぐし、心を解放し自由に生きていく術を本に則って紹介していきます。

そのまんまでいいよ

今あなたに何か悩みや問題があったとして、それが解決すれば人生は楽になる訳ではありませんよね?人生を生きやすくするためには自分の中の心としっかり向き合うことが大切です。マンガでありながら哲学書のような、前回紹介した『ブッタとシッカタカブッタ…

こたえはボクにある 後編

分かりやすい人生哲学書がありました。4コマ漫画でブタが主人公という第45回文芸春秋漫画賞受賞作品、今回はこちらから悩みや心の乱れに悩まされた時に知っておきたいことを紹介します。

こたえはボクにある 前編

辛い恋を経験したブタ、シッタカブッタくんが主人公の4コマ漫画ですが人生論に踏み込んだ心の筋肉を緩める作品です。第三者的に落ち込み悩んでいるブタを見れば、きっとあなたの悩みも軽くなることでしょう。第45回文芸春秋漫画賞を受賞した作品『ブッタと…

プール

ずっと近くにいることだけが愛情?親子だから何をしてもいい?家族のあり方を考えさせられる、そんな作品を今回は紹介し、放任主義と過干渉についての考えを述べたいと思います。

続・星守る犬

今回は犬と人間の愛の物語、泣けた本第一位とも言われていた『星守る犬』の続編、『続・星守る犬』を紹介します。

オレの宇宙はまだまだ遠い

『すーちゃん』シリーズの益田ミリさんが書いた男性の苦悩。人生で起こり得るいろんな悩みと葛藤しながらも懸命に毎日を過ごしていくそんな姿にハッとさせられること間違いなしの『オレの宇宙はまだまだ遠い』 という漫画を今回は紹介します。

おにぎり通信

子育てには正解はありません。不安や疲労に押しつぶされそうになるママも多いと思います。なれない子育てに悩む人必見!の面白い漫画がありました。ここまでイクメンなパパはいないかもしれませんが、これくらい気楽でもいいんだと思える気持ちが楽になる一…

ゲゲゲの家計簿

『ゲゲゲの鬼太郎』の作者として有名な水木しげるさん。まだ有名になる前の昭和26年から41年まで彼本人がつけていたとされる家計簿がありました。その家計簿から彼の半生を振り返りながら当時の時代背景を垣間見ることのできる作品を今回は紹介します。

花のズボラ飯

単身赴任の夫を持つ主婦・花(30)のズボラなひとりごはん。今回はそんな『花のズボラ飯』という漫画を紹介します。

【レビュー】ふつうな私のゆるゆる作家生活

今回は上京して作家となり、色々な感情とともに送る日々を4コマ漫画調で描かれた作品を紹介します。

親を、どうする?

自分が歳を重ねればもちろん親も歳を重ねるものです。人生において切っても切り離せない「介護」について書かれたマンガを今回は紹介します。10組あれば10通りの介護があり、色々な介護を知る事でこれからについて考えさせられるきっかけになればと思います。

モノローグジェネレーション

携帯一つ、クリスマス一つをとっても女子の気持ちは激しく揺れ動くもの。今回はそんな繊細な心の浮き沈みがをつぶやきを交え描かれた作品を紹介します。4コマという少ない世界の中できっとあなたは心を動かされるでしょう。

Heaven’s Door ー彼女の最後の夏ー

私達は生きている限り死にむかっているものです。自分の人生の終わりは誰にも分かりません。早い人もいれば遅い人もいます。現代医療をもってしても完治が難しい病もあります。今回はある一人の女性の闘病と死の記録を書いた作品を紹介します。

30点かあさん

おおらかでマイペースなお母さん。お母さんのことが大好きな二人の姉妹。何気ない家族がおりなす、平凡だけど幸せあふれる日常を描いた作品を紹介します。

結婚しなくていいですか。

30歳を超えた女子が一度は考えたことのある結婚と老後のこと。たとえ未婚であっても既婚であっても自分という存在と向き合う年代ではないでしょうか?答えの見つからないモヤモヤに共感を与えてくれるそんな一冊を紹介します。

星守る犬

深い愛やかけがえのない想い。機械化が進む現代、薄れてしまっているものではないでしょうか?本当の幸せってなんだろう?絶望溢れる今の日本で人間として大切な何かを思い出させてくれる作品を紹介します。

みかこさん

誰もが経験したことのある「青春」。恋をしたり、進路に迷ったり、こっそりピアスを開けてみたり… 学生が大人になる過程で迎える様々な葛藤を描いた作品を今回は紹介します。

すーちゃん

女性というのは彼氏がいるのだの、結婚するしないだの、他人と自分を比較しながら生きているものです。そんな30代の女性あるあるを綴った漫画があったので紹介します。