本とわたしの時間

まとめ・考察ログ
MENU

レビュー

手塚治虫著 名作『火の鳥』(太陽編)まとめ・感想

前回の「宇宙編」に引き続き今回は 「火の鳥 太陽編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(太陽編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(太陽編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『太陽編』ス…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(宇宙編)まとめ・感想

前回の「乱世編」に引き続き今回は 「火の鳥 宇宙編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(宇宙編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(宇宙編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『宇宙編』ス…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(乱世編)まとめ・感想

前回の「望郷編」に引き続き今回は 「火の鳥 乱世編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(乱世編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(乱世編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『乱世編』ス…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(望郷編)まとめ・感想

前回の「復活編」に引き続き今回は 「火の鳥 望郷編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(望郷編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(望郷編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『望郷編』ス…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(復活編)まとめ・感想

前回の「鳳凰編」に引き続き今回は 「火の鳥 復活編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(復活編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(復活編)まとめ・感想 『火の鳥』ストーリー 『復活編』…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(鳳凰編)まとめ・感想

前回の「ヤマト・異形編」に引き続き今回は 「火の鳥 鳳凰編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(鳳凰編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(鳳凰編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『鳳…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(ヤマト・異形編)まとめ・感想

前回の「未来編」に引き続き今回は 「火の鳥 ヤマト・異形編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(ヤマト・異形編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(ヤマト・異形編)まとめ・感想 『火の鳥…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(未来編)まとめ・感想

前回の「黎明編」に引き続き今回は 「火の鳥 未来編」のまとめ・感想を記したいと思います。 an-books.hatenablog.com 手塚治虫著 名作『火の鳥』(未来編)まとめ・感想 手塚治虫著 名作『火の鳥』(未来編)まとめ・感想 『火の鳥』作品説明 『黎明編』ス…

手塚治虫著 名作『火の鳥』(黎明編)まとめ・感想

名作『火の鳥』あなたは読んだことがありますか? 読んだことのない人は、昔の漫画だからと食わず嫌いせず是非読んでみてください。 昔から人間の本質というのは変わりません。 生きること、人間とは何か。 答えのない問いに振り回される登場人物たちを第三…

それからのおにがしま

老若男女問わず知られているであろう『ももたろう』。 桃から生まれ、サル・キジ・イヌを引き連れ鬼退治に行った その後のお話があることをご存知でしょうか? 今回は大人も気になるその後の鬼ヶ島の様子を描いた絵本を紹介します。 それからのおにがしま そ…

13歳からのアート思考

アートってなんだろう? 大人になればなるほど、アートに意味を求めてしまうものです。 ・絵を見るより解説をじっくり読んで理解した気になる ・子供が書いた絵に「これは何?」と意味を求める これらの経験をしたことがある人は多いことと思います。 人それ…

【レビュー】透明なゆりかご

あなたは自分が生まれた時の事を詳しく知っていますか? たとえ親と上手くいっていなくても、 生まれたくなかったのにと嘆こうとも、 今あなたがここにいるという事は 母親がお腹を痛めて この世界に一から生み出したという事実があります。 そこにはそれぞ…

愛する技術

昔から愛されることばかり望むと恋愛は上手くいかないと言われたものです。愛されるよりも愛することを大切にしていれば恋愛だけじゃなく、人間関係全てが上手くいくものです。友達が少ない、将来が不安でイライラするなど何か心に悩みを感じたら人を愛する…

ダルちゃん

自分とは違う人間を演じて生きていませんか?人間同じ人なんていないのに、「普通」であることを望まれて生きなければならないこの社会。ありのままで、そのままの自分でいいはずなのに擬態して苦しみ、生きづらさを感じているすべての人に読んでほしい一冊…

トーキョー無職日記

夢を持ち、田舎から上京する人は少子化と言われる昨今でも多くいます。実は私もその一人。東京に来れば何とかなると思っていたものです。才能や熱意だけではどうにもならない現実を突きつけられた人ももがき苦しんだ20代はきっと人生の中でなくてはならな…

プール

ずっと近くにいることだけが愛情?親子だから何をしてもいい?家族のあり方を考えさせられる、そんな作品を今回は紹介し、放任主義と過干渉についての考えを述べたいと思います。

続・星守る犬

今回は犬と人間の愛の物語、泣けた本第一位とも言われていた『星守る犬』の続編、『続・星守る犬』を紹介します。

オレの宇宙はまだまだ遠い

『すーちゃん』シリーズの益田ミリさんが書いた男性の苦悩。人生で起こり得るいろんな悩みと葛藤しながらも懸命に毎日を過ごしていくそんな姿にハッとさせられること間違いなしの『オレの宇宙はまだまだ遠い』 という漫画を今回は紹介します。

おにぎり通信

子育てには正解はありません。不安や疲労に押しつぶされそうになるママも多いと思います。なれない子育てに悩む人必見!の面白い漫画がありました。ここまでイクメンなパパはいないかもしれませんが、これくらい気楽でもいいんだと思える気持ちが楽になる一…

花のズボラ飯

単身赴任の夫を持つ主婦・花(30)のズボラなひとりごはん。今回はそんな『花のズボラ飯』という漫画を紹介します。

【レビュー】ふつうな私のゆるゆる作家生活

今回は上京して作家となり、色々な感情とともに送る日々を4コマ漫画調で描かれた作品を紹介します。

『天狗』

はじめに 今昔百鬼拾遺 天狗 あらすじ 感想(※ネタバレ注意) おわりに はじめに 今昔百鬼拾遺 3ヶ月連続出版の最終作である今作。 今回も私が敬愛する、京極夏彦先生の作品『天狗』を紹介します。 1作目『鬼』と2作目『河童』も過去に紹介しているので よけ…

モノローグジェネレーション

携帯一つ、クリスマス一つをとっても女子の気持ちは激しく揺れ動くもの。今回はそんな繊細な心の浮き沈みがをつぶやきを交え描かれた作品を紹介します。4コマという少ない世界の中できっとあなたは心を動かされるでしょう。

Heaven’s Door ー彼女の最後の夏ー

私達は生きている限り死にむかっているものです。自分の人生の終わりは誰にも分かりません。早い人もいれば遅い人もいます。現代医療をもってしても完治が難しい病もあります。今回はある一人の女性の闘病と死の記録を書いた作品を紹介します。

30点かあさん

おおらかでマイペースなお母さん。お母さんのことが大好きな二人の姉妹。何気ない家族がおりなす、平凡だけど幸せあふれる日常を描いた作品を紹介します。

結婚しなくていいですか。

30歳を超えた女子が一度は考えたことのある結婚と老後のこと。たとえ未婚であっても既婚であっても自分という存在と向き合う年代ではないでしょうか?答えの見つからないモヤモヤに共感を与えてくれるそんな一冊を紹介します。

星守る犬

深い愛やかけがえのない想い。機械化が進む現代、薄れてしまっているものではないでしょうか?本当の幸せってなんだろう?絶望溢れる今の日本で人間として大切な何かを思い出させてくれる作品を紹介します。

みかこさん

誰もが経験したことのある「青春」。恋をしたり、進路に迷ったり、こっそりピアスを開けてみたり… 学生が大人になる過程で迎える様々な葛藤を描いた作品を今回は紹介します。

すーちゃん

女性というのは彼氏がいるのだの、結婚するしないだの、他人と自分を比較しながら生きているものです。そんな30代の女性あるあるを綴った漫画があったので紹介します。

『河童』

今回は京極シリーズである『河童』の紹介です。3ヶ月連続出版の2作目である今作。美しい川で起きた殺人事件の真相とは如何に!?あらすじと感想の紹介します。