.footer-action-wrapper{display:none;} /*↑はてなブログを始めようの非表示*/ .touch-item-list{display:none;} /*↑はてなブログ開発ブログ等のリンクの非表示*/

本とわたしの時間

まとめ・考察ログ

33歳からの運の作り方

 

はじめに

30歳はひとつの区切りだと言われています。

 

仕事、結婚、健康、など色々な面で変化をもたらす年代かもしれません。

 

しかし、もう30代だからと諦めないでください。

 

まだ運を作ることが出来ます。

今回はその方法を『33歳からの運の作り方』という本を参考に紹介します。

 

 

33歳からの運の作り方

実は33歳というのは一つの節目です。

 

大体、最高のことも最低のことも33歳までに起こったことしか起こりません。

これまでの生き方が反映されるので

急に運が向くことはないということです。

 

 

それでも運を変える方法があるのです。

 

運が良くなった人の共通点とは?

今までの人生をしっかり認識し、

本気で人生を変えようと思い、

行動し続けた人です。

 

 

33歳までは生まれ持った運や親の影響を多分に受けているものです。

 

なので33歳まで運が良かったのに·····

という人もいれば

33歳以降の方が充実してる!

という人もいるのです。

 

それはその人の生き方次第なのです。

生き方が反映されるのが33歳ということなのです。

 

今後運を呼び寄せたければ

今までの人生をしっかり認識し、

本気で人生を変えようと思い行動する

 

それしかないのです。

 

 

何を続け何を辞めるか

今までなんの疑問も持たずに無意識でしていたことを見直しましょう。

 

当たり前のように選択していた事も疑ってみてください。

 

心地よい選択から

あえて変えてみるのもいいです。

 

自分の慣れを意識しましょう。

 

 

与える豊かさ

人に何かを与える豊かさを持った時、

あなたの周りに同じ豊かさを与えてくれる人が出てくるものです。

 

欲しい欲しいと求めている人ではなく

与えられる余裕を持った人に運は舞い込みます。

 

 

自分がもつ運の良さ、徳、能力を惜しみなく人に与えましょう。

 

 

お金を大切に扱う

お金に感謝の心を持ち使う事です。

 

人にあげたり渡したりするお金はできるだけ新札を使うなど

お札一枚一枚を大切に思う事です。

 

お金=欲しいものを手に入れる手段

という考えだけにしないことです。

 

 

お金も居心地のいいところを好みます。

あなたの財布から旅立ったお金が巡り巡って人を幸せにすることをイメージすれば

喜んでお金は返ってくるものです。

 

意識してお金を大切に扱いましょう。

 

 

 

一発屋にならない為にも

与えられた才能や幸運を

自分が作ったものだ!

と勘違いして傲慢にならないことです。

 

 

傲慢な人は一発屋として終わってしまいます。

 

 

感謝できる人、

研鑽を忘れず才能を磨き、

与え続けられる人には幸運が降り注ぎます。

 

 

自分を見直し謙虚に感謝し与えることです。

 

 

 

現実を受け入れる

被害者意識をやめましょう。

結局全てはあなたの選択の上に成り立っています。

不運の根源は自分自身にあると気づくことです。

 

 

文句ばかり言わず、

一旦受け入れどうしたらいいか考えるようにしましょう。

 

 

人を許す余裕を持ち、

ぐちぐち悩むのではなく

どうすればよくなるか考える事です。

 

 

心に感謝の気持ちを

生まれてきてよかった!

産んでくれてありがとう!

 

の感覚をもつことです。

 

 

生きたくても生きられなかった人が多くいる中、

この世に生を受けて30数年が経ち

色々な経験をさせて貰えた事を感謝しましょう。

 

 

 

朝起きた時と寝る時に

自分と世界を祝福することで不思議と幸福感・健康運があがるものです。

 

 

手放すこと

奪うこと、

うらむこと、

おとしめること、

裁くこと、

むさぼること、

妬むこと、

攻撃すること、

をやめましょう。

 

これらはあなたを不幸に導くものです。

 

もっと幸せに、自由に生きたいなら

今すぐ手放しましょう。

 

 

おわりに

人生を変えようと思うならあなた自身で動き出すことです。

 

今まで待っていて運が巡ってこなかったという人は

今後も巡ってくる事なんてありません。

 

 

33歳からと言ってはいますが

結局何歳から初めても運を身に付けることはできると思います。

 

 

運がいい人はそれだけの行動をしているものです。

 

 

あなたはどうしますか?

 

 

 

 

 

 

さぁ、次は何を読もうかなぁ。